FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天衣無縫

割と興味の無かったリメイク版半月ですが、伊勢弁にリメイクされると聞いて喜んでいいのか不安に思うべきなのかびくびくしてました。
一応自分から見れば三重県は隣の県なのですが、こういうことはやは現地住民に話を聞くのが一番だと思うって聞いてみました。またもや無断晒しですw

廃人「というわけなんだが、伊勢弁ってどうなのよ?」
銀「伊勢弁みたいな中途半端な関西弁は文章に起こすと萎えるぜ?ってか里香って静岡だからほぼ標準語じゃないか?」
廃人「そういやそうだww伊勢弁にはならないw……伊勢弁、関西弁に近いのか。ノリのいい会話作れそうだな」
銀「里香なら方言とかも勉強しそうだな。方言喋ったら新しく属性付加されそうだ」
廃人「わざわざ勉強はしないんじゃない?でも復学後で少しずつ方言喋り始めていったり……」
銀「ああ、それってなんか素敵だな。自然に染まっていくってさ。やべえ。調子悪いのか綺麗な妄想にしかつながらねぇw」


銀さん調子良いwww一応関東人に説明補足しておくと、綺麗な妄想にしか繋がらないことが調子悪いというのは、最後にオチや結論を持ってこなければ話が終わらないというのが関西人の考え方なのです。

関東の人「今日これこれこんなことがありました」
関西人「今日めっちゃおもろいことあったわ。これこれこんなかんじで、おもろかった(笑)」
数学と物理みたいですね。

話を戻します。
少しずつ自然に染まっていく感じって良いですよね。元々違う色だったのにお互い気付けば相手の色に染まっていた、ってのが愛がある感じでいいと思いますw


いのちをかけて君のものになる

死ぬまでは一緒にいます(涙) or 貴方の色に染まります

また来ようね

これが最後でした(涙) or また来ちゃいました


ちゃんと後者の意味合いに取れるような作品イメージに繋がるのが半月らしさの醍醐味。
3巻4巻の頃の、葬式のような本スレの雰囲気が今は苦笑いと含み笑いで懐かしいですねw


今日の里香

100121.jpg
リクエストしていただいたキスシーンのラフです。まだ色塗ってません。難産ですww


レス!

>暁人さん
>説明カードでした
店側が用意した説明カードでしょうか?既製のものだけでなく店側がそういうの用意するのって親近感があって良いですよねw
>裕一目線で里香がキスをせべってるというのは?
頑張って二人入れてみました。裕一適当すぎwwww

>キソケさん
>パクファ
今、旬というか祭りの話題ですね。ひとまずガウォーク形態のコラまで出回ってるそうです。
>スピンオフ
むしろ剣も魔法も出してもいいので思いっきりスピンオフさせてしまってもいいような気がします。
現状を考えるとw
>原作がPCゲームで、ネタ的な意味抜きで面白いアニメ
みんな大好きスク○ズは原作通りのイメージを崩さずアニメ化したと思います。今までであんなに最終回ですっきりした番組はありませんしw
>中国の故事で、ミスしちゃった有能な部下を、軍の規律を守る為に泣く泣く処罰して斬っちゃったみたいな話でしたっけ?
山頂に布陣したぞ!→馬鹿と煙は何とやら……。

>mucchuさん
>泣き映画、泣きゲーで爆笑
特に鍵系とか、お友達の家でみんな食い入るように見て疎外感を受けてましたが……。腹が立つか笑うかの二択でしたねw
>里香の股間にあるお豆タンがとってもエロイであります!
思い出したけど節分の季節ですね。
>そんな感じでパニック状態になりながらイク姿を妄想するのもめちゃくちゃエロイなw
いつまでもなかなか慣れない里香が萌えると思いますw

>白さん
>いつから廃人さんに略すようになったんだっけ?
同盟が真っ白になったあたりからじゃないですか?
>御友人にプロレスとか演劇もやっていることをお伝え下さいww
プロレスのは画像データを持ってないので見せられないのですが、是非見せてやりたいですねw

COMMENTS

≫解説カード
手書きでしたよ。多分、読んだんでしょうね
≫里香の絵
あぁ…………スゴく幸せそうだ…
≫映画
予告見たが、あれは……いい。だいぶ違うけど…

静岡には静岡の方便があるんだずぇ……一応

……イントネーションの違い程度だから、文字に起こすのも難易度高い気がしますがwww


綺麗な想像=調子悪いの銀さんに吹いたww

相手の色に染まるのもいいけど、二人で新たな色になるのもいい感じですね。
青と黄色が混ざって、青でも黄色でも緑でもなく、橙の要素が混じるとか。
二人だから見つけられる新境地って感じで。

何がいいたいかというと、里香と暮らす日々=PriceLess
ってことです

COMMENT FORM

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。